それで、それから。

甲信越地方の専業主婦の日々です。

子どもに「怒鳴る」だけはしたくない。

子どもってどう育てたらいいかなんて、わかっていない。ただ、自分がこんな親がいてくれたらなぁという気持ちはある。しかし、せっかく大人になったのに子供の頃にできなかったあれこれを子育てのためにあきらめているところもある。子どもの頃は親のお金で親の顔色を多少は伺いながらだったが、大人になって家族ができると夫の顔色を伺って、子ども時間に合わせたりと制限から解放された感じはしない。ま、それは自分の選んだ道である。受け入れようではないか。

 

自分の選んだ道が「あ、自分には合わないことだったんだ」と気付いたけれど、元に戻れない時、その道を楽しむ方法を生み出すしかないのかもしれない。特に、命を宿したものであれば余計にそう思う。昔、飼い猫を家族の中のペット反対派の方々に捨てられて布団をかぶって泣きまくったことがあるので、ペットであっても途中で捨てることはしたくない。

 

さて、子どもと接するときのことである。できるだけ、できるだけ冷静さを持ちたいと思っている。冷静より少し気持ちがあがっている、くらいのテンションでいたい。そして、可能な限り「怒鳴る」を減らしたいと思っている。夫が私からしたら結構些細な事で怒鳴る系の方だ。先日も、子どもたちと一緒に行った公園で3歳のうちの子を叱っていた、というよりも怒鳴っていた、と感じた。せめて3回目くらいまでは冷静に意見を伝えて欲しい、と私は夫に言ってみたが、本人がそうしようと思わない限りは変わらないだろう。

 

最近は子育て本をあまり読まなくなったが、以前何かの本で「幼い子どもを怒鳴っても恐怖を感じるだけで、自分の何がいけなかったのかを理解することができない」ということ読んで、ですよね、と思ったことがある。叱るときは、その子どもの後ろから体に触れながら耳のそばで小さい声で話す、という方法もあるくらいなのだ。人は大きい声には耳をふさぎ、小さい声は耳をすまして聞こうとする、とも聞いたことがあるし、実際私もそうだなと思った。私の遺伝子を持つ子どもならば、大きな声が苦手ということも遺伝している可能性がある。よって我が子には、怒鳴るという叱り方はあわないのだろうな、と思っている。

 

しかし現実は・・・怒鳴りたくないけれど、怒鳴ってしまうことがある。自分が疲れているときの子どもたちのケンカの声がうるさいときとか、子どもたちがひどい言葉で相手をののしっているときとか。それに毎日注意しても、脱いだ靴下を洗濯かごに入れないとか、何年言っても手に持っている物を投げるとか。そういうことが続くと叱ることも諦めてきてしまう気持ちとかもわかる。怒鳴りたくなる気持ちもわかるし、通り越してどうでもよくなってくる気持ちもわかる。

 

可能な限り「怒鳴る」はやめたい。怒鳴る大人になってほしくないのでね。大人になった子どもたちに、怒鳴られたくもない。頑張ろう。せめて子どもたちの前では、我慢強い私でいよう。

人間の悩みのほとんどが、人間関係の悩みだとしたら、家族なんて悩みの種でしかないのではないか。20代で結婚し、子どもを出産した私にの場合は種が芽を出して双葉あたりをつけやがった気がする。

夫との関係、子どもたちとの関係、家族たるものこうあるべき、いろんなものから自由になりたい。もっと欲を言えば、もういいかなと思うまで一人の時間が欲しい。恋人関係になるとき、寂しさや将来への不安からの行動だったといっても過言ではない。当時は「勝ち組 負け組」という言葉が流行っていて、今以上にメディアの情報に流されやすかった私は、負け組にはなりたくないと思っていた。

あの時負け組だと思っていた組は、実は私にとったら勝ち組だったのではないかと、なんとなく思う。私は家庭を切り盛りできる器ではなかったのではないか。壮大なプロジェクトに挑戦してしまったものだ。

夫は出会ったころから15キロ近く肥えた。子どもたちはかわいいが、1日に最低1回は子どもの起こしたことで私の眉間にしわが寄る。がっかりしたり、焦ったり、イライラしたりは日常茶飯事である。せめて高校の家庭科で、家庭での子育てについて家事について教えてほしかった。こんなにも達成感や完結を感じられないことだなんて。子どもはかわいい。でも、かわいいだけでは育てられないと感じる。ペットじゃないのだから。産む前よりも産んだ後のほうが、責任を感じるし、自分の器の狭さに直面するなどプチ挫折感が半端ない。

 

戸籍上、世間的には家族と呼ばれるメンバーと暮らしてみて思ったこと。夫がいても子どもがいても、孤独な時は本当に孤独だということ。誰かがいれば、と他人に期待してもその誰かが自分の期待に応えてくれないことが多々ある。それは家族だけではなく友人、同僚、近所、対人間との間によくあるみたいだ。家族なんだから、と期待していると応えてくれなかったときに悲しいのは期待した方である。結婚して10年弱、期待通りに動いてくれないだろうなという予防線を、まずはってしまう。他人はコントロールできないんだ、って子どもの頃は半分知っていたけど、まだ期待感が残っていた。今は、期待や予想通りにいけばラッキーでそうでないことが多い、ということを身をもって何度も体験した。

 

しかし、まだまだ出てくる承認欲求。おせんべいみたいにバリバリに砕いて熱いお茶と一緒に飲み込んでやりたいわ。

 

ふくらはぎが痛いので、忘備録。

昨日は何があったんだ?

朝から、体のむくみとふくらはぎが張る痛みがある。

マッサージしてみようか。

一体なんの不快感なのだ。

やはり、寝る前のカツ丼か?

それとも昼間のデイキャンプ?高低差のある場所だったからね。

昨日の朝の畑の手伝い?

それとも日中の頭痛かしら。

色々と思い当たることはあるのだけれど、

とにかく3連休明けの朝、

小学生を学校へ送り出す準備をするために

ものすごい気合が必要である。

あーやらなきゃ。

 

こんな朝に、私は母としてどうなんだろう、と

母であることが嫌になっている自分に

あー疲れているのだなと思う。

 

こんな日もあるさ。

 

楽しめなくてもいいさ。

 

目の前のことに淡々と取り組めばいいのである。

今日も頑張ろ!

 

寂しさに慣れたらいいのだ。

寂しさが当たり前になれば、寂しいと感じなくなるのだろうか。

そんな気がする。

傷の痛みなどの辛さは慣れない。

そのことは、口の中の親しらずを抜いた時や出産などで経験している。

 

たぶん容量オーバーなのだ。やらなければならないことが多い。

もし誰かが手伝ってくれたら・・・そんな気分なのだ。

でもそれは難しい。

淡々と淡々とこなしていくしかないのである。

ひとつひとつゆっくりやればできるよ、きっと。

 

気持ちを整理したくて、文字を打っている。

これがあって、さぁ頑張ろうと思える。

頑張ろう。うん。

自己責任と思わないと辛いんだ。

類は友を呼ぶとか、パートナシップとか、家族とか。相手あってのことにあまり期待しないほうがよいと思う。生きるために必要なお互いのやることを、淡々とこなせばよいのだ。

 

夫の帰りが遅いとか、子育てへのかかわりが少ないとか、夫を責め続けているとき責めている自分が辛かった。期待に応えてくれないことが、自分も子どもも大切にされていないような気がしたのかもしれない。体も心も辛かった。

他人の家との比較も辛かった。仲のよさそうな夫婦はほほえましく、憧れでもあり、どんなにお金をだしても(そもそも出せるお金もないが)手に入らないものだろうと思った。

夫を責めたり、他人の家と比較する。それは私の母の癖でもあった。でも、母がそうしていたから私もそうなったのだ、なんて矢を次は母に向けることはしない。自分が気づかないうちにそれを選んでいたのだとわかることができたので、次にいかすだけだ。

 

昔の子育てと今の子育てを比較することがある。私が子供の頃は近所との付き合いがあったり、地域の活動が盛んだった地域に住んでいた。今はほぼ近所、地域の活動に参加することなどない。子どもの立場で参加する、近所付き合いをすることと、大人の立場でのそれとはかなり違うのだろう。いいことだけではない。気をつかったり、陰でなにか言われたりすることもあるかもしれない。となれば、デメリットを避けて人付き合いが希薄になるのは仕方のないことなのかもしれない。

 

人が快適な生活を求めるために様々なものをつくり、社会に広まった。便利で快適になれると不快をなるべく排除しようとするのではないだろうか。面倒なことに巻き込まれたくないが、おいしいところだけは欲しい。そうなると、子育てや介護を引き受けるには相当な覚悟や諦めのような感覚が必要になってくるので、きつい。きっと時間が解決してくれると時の流れにだけ期待しつつ、こなしていくものとなったりする。第三者に共感してもらえないことを嘆いても自分が苦しいだけである。他人は他人の暮らしなんぞ「ふーん、あぁそうなんだ」というくらいだ。子どもを育てる前の私は無知で、社会のことなんぞなにもわからなかった。むしろ、子どもは社会で育てるものだとか、社会の宝だとか思っていたけれど、だからといって実際夜の授乳とか家事などを手伝ってくれる人はいない。あっても有料である。乳幼児と一緒にいて家事をすることは結構きつくて、私はこの辛さをこえられたらもうなんでもできそうだ、と思うほど精神的にも体力的にもつらかったが、泣く時間が少なくなったり子どもが成長すると、なんでもできそうと思っていたのにあの時の体験が逆にトラウマになり、もう二度と体験したくない出来事として記憶された。それが人によっては、「私も辛かったのだから、あんたも一人で頑張れ」のような姿勢になってしまうのかもしれない。

 

愚痴を言っても、食器はキレイにならないから。孤独にたえ、寂しさにたえ、完結しない苛立ちにたえ、劣等感にたえ、淡々と目の前のことに取り組もう。結婚、子育て、はっきり言って幸せな事例ばかりではないのである。

 

パーフェクトな毎日ではないけど、頑張ろう。

今朝、朝から子どもを強く叱ってしまい、反省。いろいろしんどくて、子どもを送った後に泣けた。こんな日が続いてばかりいると、子どもを育てる自信というかやる気というかがどんどんなくなっていく気がする。私は、本当は子どもを育てる人とふさわしくなかったから、こんなことになっているのかもしれないと思う。でも、やるしかないんだ。母の日には、とくにプレゼント的なものはなかったし、私も母には送らなかった。でも、「今日で激怒するのは最後にする。」と決めても、また繰り返してしまう私が母の日のプレゼントなどもらう資格はないのだ、と思う。むしろ、こんな母のそばにいてくれてほんとごめん、とこちらからプレゼントしなければならないほどだと思う。

 

昨晩は、次男が全然寝てくれなくて、私も寝つきが悪かった。睡眠時間は5時間しないくらいかもしれない。体がだるくて、頭がいつもより重いような感じがするのも不快を引き起こしているのかもしれない。身体的な不調が心にも影響があったのか、どうか定かではないが、今日はとにかく孤独を感じる。孤独で寂しい。寂しさが今日はすごく苦しいような気がする。

 

結婚しても、子どもがいても、寂しさや孤独感はなくならないって、自分の場合はそうなんだってことが改めて分かった。これは以前にも感じたことがあり、子どもはむしろ親がおわないとならない責任にめまいがすることもある。寂しさを埋める対象とかではない。20代で出産して、そんなこともさっぱりわからなかった。30代になった私、日々穏やかに過ごすことが目下の目標であります。今日、おもいきり反省会をしたならば、明日は頑張ろう。なんか泣きたい。

4月10日 今日をこなす。

昨日漢方薬を処方してもらったので、服用してみる。

これを、夫に伝えるのがまた勇気がいるので、黙っているつもりである。

今日も、金にもならない事務仕事がある。

幼稚園の手続き関係の書類とかいろいろ。

私は消費者としての立場で、経済に貢献するしか能がないのだ。

 

昨日は、メンタルヘルスの先生に「過去は過去だから、もう振り返らずに今をみるといい」と言われた。確かに。

でも、youtubeでラジオの録音のを聞いていたら、

上っ面をとりのぞいてもダメ

臭いものは根本を絶たないとまた臭ってくるよ。

と言っていて、なぜそうなってしまったのか

振り返って振り返って、考えてみて。

と言っていた。

どちらが良いかは人によるだろう。

 

私は、失敗に弱い。

失敗できないと思い込んでいる。

さらには批判に弱い。

叱られる、怒鳴られる、不要な大きい声、大の苦手である。

 

仕事で日々嫌味を言われながらも働いている母や妹は、すごい。

 

ただ思うのは、自分がこんな風になってやっと辛い人の気持ちがわかる。

落ち込まないと落ち込んでいる人の気持ちがわからない。

片づけられない人の気持ち、家事する気力がわかない人の気持ち、

がわかるよ。

 

これからは、誰かを否定することなく「そうなんだね」って言える自分でありたい。

 

失敗することもあるさ~

 

究極、最後にはみんな年をとってさ、息絶えるんだよね。

その時に、楽しい人生だったとか思えなかったら、もうそれでもいいさ。

楽しいこともあったかもしれないけれど、それに目を向けられない状態だったのだ。

 

うちの母、去年60歳になったんだけど

「60歳になればいいことがあると思って頑張ってきました。」という内容のラインを私に送ってきたんだけど、娘があなたの希望した職業の男性と結婚したり、孫がうまれたことはたいしていいことではなかったのだな、という感想を私は持ちました。私は母を喜ばせたつもりが、母にとってはまぁよかったねって感じだったのだ。私が勝手に期待したのだ。ははは。

 

人にどう思われてもいいよ。もう思いたいことを思わせておけばいいのさ~

 

相手が怒ってらっしゃると思ったら、すかさず「ごめんなさい。申し訳ございませんでした。」とあやまる。

そして相手に期待しないほうがいい・・・。

 

こんなに謝ったのに、とかは無しだ。

 

まず、やらないとまずいことからやってみよう。

で、今後やることを増やさないこと。

お誘い、習い事、今やらなくてもいい片づけなど、全部断ろう。

友達いなくなってもいいよ!!

大丈夫、病院とか役所の精神相談窓口みたいなとこ、

友達よりちゃんと自分の気持ちや話を聞いてくれるよ。

そして、アドバイスしてくれて必要なら薬も出してくれるよ。

仕事だからさ。

 

友達は、「あーなんか重いなー」ってなったら離れていく可能性もある。

友達って選べるからね。家族や親せきは選べないだろうけど。

 

事務的な、期限迫ってる系をまずはこなそう。

それが終わったら、あとはもうだいたいどうにでもなる、かも。

 

期限迫ってる系だけが、期限過ぎたときにまたややこしいからさ。

それだけ、がんばろ。